義母の短歌

98歳で永眠した義母が書き残した短歌です

#1259-1265 スーパーに・・・

義母の手作り歌集(五) 平成八年九月・十月の雑詠

 

昨日までに、義母の手作り短歌集(三)に蒐集された308首をカテゴリーに分類し掲載いたしました。

今日からは手作り短歌集(五)に蒐集されている短歌238首を順次掲載していきます。これらの短歌は、平成八年九月から十月の間(義母72歳)に詠んだものです。

引き続き、今後ともこのBlog(義母の短歌)のご愛読をお願いいたします。

 

<義母の短歌>#1259-1265

#1259    ス-パーにいずれ差のなき品を選る見知らぬ尼僧に親しみ覚ゆ


#1260    賞味期限切れたる女夜昼を歌に命を託して明るし


#1261    還れざる扉を押して消えし人閂は其方より下ろしてくだされ


#1262    疎みつつひと株残す三時草好みて小さく咲くにはあらじ


#1263    土踏まぬ乳牛餌喰むひたぶるに寝そべり喰むあり立ちて喰むあり


#1264    ひと夜啼きふた夜はなかぬ梟の闇に鋭き眼光は知らず


#1265    くろずみて肌崩れゆくバナナの実ミルクに混じればやさしきジュース

 

<管理人のおまけ>

選る(える、よる)

閂(かんぬき)

疎(うと)み

喰(は)む

ひたぶるに・・ひたすらに

梟(ふくろう)

 

<管理人のつぶやき>

■六月に クーラー入れるってあったかな

カテゴリー:街・町(三)

関西花の寺25ケ所 第16番 浄瑠璃寺

手作り短歌集(三)に蒐集されている短歌を、12のカテゴリーに分類いたしました。

短歌集に掲載された308首の内、12番目のカテゴリー【街・町】に分類した短歌(2首)を掲載いたします。

 

<義母の短歌 カテゴリー:街・町(三)>

#795    ほのぼのと心ほどけてゆくような会話売る舗オープンせぬか


#911    それぞれのうつし身庇う傘の群れあるいは闇にうごめく茸

 

<管理人のつぶやき>

■早々に 今年の梅雨が明けたよう 今年の田んぼ水が心配

 

 

カテゴリー:亡夫・夫(三)

関西花の寺25ケ所 第16番 浄瑠璃寺

 

手作り短歌集(三)に蒐集されている短歌を、12のカテゴリーに分類いたしました。

短歌集に掲載された308首の内、11番目に多く(9首)含まれるカテゴリー【亡夫・夫】に分類した短歌を掲載いたします。

 

<義母の短歌 カテゴリー:亡夫・夫(三)>

#734    ひと日経て死者の瞼の濃き翳り斯くて釘打つ終焉は来る


#753    仏との絆次第にふんわりと飛行機雲の末尾に似たり


#763    夫とは終生我の楯なるを疑わずいて愚かにひとり


#776    蛍光灯脳死のごとく瞬けり過去なるひとつの死は甦る


#780    涙腺の弛ぶことなく冬の昼夫はまったき仏となりぬ


#825    亡き人の手力滲みる古き杭残骨のごときを握りしめたり


#826    焔とて灰にはできぬ人の過去夫婦ぶとんがいま燃えつきる


#845    般若心経何十巻を誦し参らすとも死者の言葉を聴くことはなし


#935    眠りきらぬ脳がなかに降るみぞれ死者の先達谷径いゆく

 

<管理人のつぶやき>

■関東で 電力逼迫注意報

カテゴリー:時代・時(三)

関西花の寺25ケ所 第16番 浄瑠璃寺

 

手作り短歌集(三)に蒐集されている短歌を、12のカテゴリーに分類いたしました。

短歌集に掲載された308首の内、10番目に多く(11首)含まれるカテゴリー【時代・時】に分類した短歌を掲載いたします。

 

<義母の短歌 カテゴリー:時代・時(三)>

#747    脱穀機打ち捨てられて幾とせか浮世の風の大方を知る


#761    縺れあいコスモスの咲くひとところ混沌の世の華やぎに似つ


#798    オウムの記事大きく載れる朝刊を焚きつけとなし芥を燃せり

 

#811    繭糸のほぐれゆくごと唇に記憶の底より湧きいずる軍歌


#848    学力のましてや貧富の差もあらずクラスメートはコスモスのごと


#907    俯して細くうたえり戦いに燃ゆる日なかりし青春のうた


#947    今日を開くなにもなければ茫々と過去世の迷路彷徨いいたり


#957    み祖等の必死に守りし土の価値つばめ来たらぬ古巣のような


#961    漬物樽無為に積まれて幾とせか古りゆくものは汝れのみならず


#983    「ひとり住み」思いもうけぬ現実に過去世の騒然また洵爛たり


#1002    陽の下に晒せば浮き出る疵跡の焦せし鍋ははた戻り来ぬ刻

 

<管理人のつぶやき>

水稲の 分けつ状況マァマァか これからしばらく中干をする

 

カテゴリー:久後先生追悼の歌

関西花の寺25ケ所 第16番 浄瑠璃寺

 

手作り短歌集(三)に蒐集されている短歌を、12のカテゴリーに分類いたしました。

短歌集に掲載された308首の内、9番目に多く(14首)含まれるカテゴリー【久後先生追悼の歌】に分類した短歌を掲載いたします。

 

<義母の短歌 カテゴリー:久後先生追悼の歌>

#713    こと切れし師の貌さすり手を握り奇跡と言うが起こらぬものか


#714    大島の和服きりりと召し給い叡知ひらめく顔忘れ得ず


#715    歌の師は幼に還り垂乳根の膝に在すか歌を解かれて


#716    柩なる師よ聴こし召せ滔々と供華ゆらして透る朗詠


#717    師のみ霊送りて戻りの彼岸花ほつほつ咲けるが此の世ともなし


#718    叶わざる願いにあれど師の君の今際にわれも侍りたかりし


#719    ひと逮夜の泪に湿る庭隅に散りて香のなき木犀の花


#720    「今少し歌の奥儀を極めたし」師の声千金の重みに残れる


#721    おずおずと差し出す歌稿活きいきと評賜いしが最後となりぬ


#722    「老と言う文字使うな」と言いましし師の一喝の尊とかるべし


#723    先生の心の動きみえすぎて歌に関る語はつつしみたし


#724    川を見てあれば綱打つ先生が草むらゆらして現れまさぬか


#725    うからにも近き交わり師の君の思い出山に川に茫々


#726    かなしみは人それぞれに山揺れてわが裡に降る追悼の雨

 

<管理人のつぶやき>

■草刈りの 休憩時間が長くなる